nlp-neuro-linguistic-programming-sleepora-640px


NLPプラクティショナーの第1回目

気になった点だけを自分メモ


五感を研ぎ澄ませる


自分の視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚、足の先から、頭の先まで、神経をめぐらせて、

感覚を研ぎ澄ませておく。

そして、

自分自身の変化、相手の変化に、すぐに気づけるようにしておく。

相手を知る、自分を知る。



すべての事を「プラス」で考えてみる


「〜ない」「どうせ」などのマイナス言葉を使わない。


「忙しくて時間が無いから出来無い」

  ↓

「今は忙しいけど、時間をどうにかして作って、少しずつ実践していく」

 


人はイメージした事に近づいていく



自分が抱くイメージ、発する言葉に、自分自身が引き寄せられていく。


「これやってもどうせ無駄だろうな」・・・マイナスイメージ
 ↓
 本来意味がある重要な事でも、本当に無駄になってしまう。


「今日は仕事に行きたく無いな」・・・マイナスイメージ
 ↓
 仕事がはかどらないばかりか、失敗などが起こる。


「明日テストか、嫌だな」・・・マイナスイメージ
 ↓
 焦り、心が落ちつかず、本来の力を発揮でき無い


自分が抱くイメージや、日々の言動、考え方は、

自分の将来を、そのままそのように作っていくことになる!



心の態度


過去を受け入れ認容し、過去に感謝する。

現在(事実)を受け入れ、楽しみ、味わう、今の小さな幸せも大切に。

未来に希望を持ち、プラスイメージを常に持ち、行動していく



意識的・無意識的の一致




無意識的な部分(自身の気持ち)を、意識的な部分(自身の言動)と一致させる。

沈んだ気持ちで、前向きな発言しても、、、 → マイナスの雰囲気が出る

前向きな気持ちで、前向きな発言をすると、、、 → 周りにも自分自身にもプラスの影響がある



目的・ゴールをしっかりとイメージする




将来の成功、悩みの解決、起業、関係改善、など

NLP(に限らず)でのゴールをしっかりとイメージする。

ゴールはどこにあるのか(できる前提で前向きに考える)

どれくらい遠いのか

どうすればたどり着けるのか

そこまでに何か障害があるのか

いつ、どうやって、誰と、どこで、それを達成するのか