E055410H_L


ヨーグルトやゴボウや色々試してきた私ですが、

適度な効果が出ています。


ただ、心の変化やストレスで、

かなり左右されることが最近わかりました。

先週はすっきり出ていたのに、

今週は全く出ない、、、、


そんな状況なので、

他のモノにチャレンジしようと探していましたら、


「センナ茶」を見つけました!


センナ茶とは?




生薬としての「センナ」は瀉下剤である。
薬理成分のセンノシド (sennoside) が腸内で分解され、瀉下効果を示す。このセンノシドを成分としたソルダナ、プルゼニドといった多数の医薬品(いずれも商品名)もあり、胃のレントゲン検査後のバリウム(正確には硫酸バリウム)排泄の目的や便秘症に用いられる。かつては堕胎に使われていたという説もある。

wikipedia


とのことなので、下剤です。


ということは、使うと体が慣れてくるんでしょうか。


早速試してみたいと思います。



センナ茶、早速飲んでみた



1包を150mlのお水で煮出すと書いてありますので、

やってみようと思いましたが、

下剤ということでビビります。


本能的に、危険だと察知しました。


1500mlのお水で、3包を入れて15分間、煮出しました。


センナ茶煮出して15分後






色は、普通の麦茶と同じ、

一口飲んでみましたが、意外においしい。

そのままコップに一杯入れて飲みました。

そして、500mlのペットボトル、3本に入れて、

会社へ持って行くことにしました。


翌日、おなかにすぐに異変



朝から、おなかが痛くなってきました!

(´Д`;) 早いーーーーーーーーーーーーー!


昨日飲んだのは、コップたった1杯です。


しかも、自分は500mlで1包で煮出しました。

150mlで1包煮出していたら、どうなっていたかと思うと、

ぞっとします。


その日は、

朝、昼、夕方、夜

と立て続けに下痢となりました、、、、汗


これは、危険だと判断、

でも飲み方を変えれば、案外イケるかもと、

煮出し方を試行錯誤してみました。


センナ茶2包、麦茶1包



結論から言えば、まだ効きすぎました。


下剤を立て続けに2回ほど、

服用したくらい、ごっつい効果があります。

ここまでの効果は求めていません。


目指すのは、

やんわりおなかが痛くなってきて、

「あ、出るかも」

と思えるくらいのゆるいモノです。


センナ1包、マテ茶2包


実は、マテ茶も買っていましたので、

マテ茶と一緒に煮出してみました。

今度は、センナは1包です。


結果は、

センナ1包よりは、下剤効果はゆるいものの、

トイレの回数は多いです。

体にも良くないし、体がすぐに慣れてしまいそうです。

センナ1包、麦茶1包、マテ茶1包



気のせいかもしれませんが、

マテ茶を減らしたら、おなかが痛くなるのは弱まりました。

1500mlのお水で15分間煮出しています。

500mlのペットボトルを会社にいる間に、

ちょうど飲み干すくらいのペースで飲みますと、

その日の夜か、あるいは夕方頃に、

ゆるーく、おなかが痛くなってきて

トイレに行くという感覚です。

いい感じの効果です。




センナ半包、麦茶2包



通常15分間煮出しますが、センナ茶を途中で取り出しました。

実質、半包くらいかなと。


しかし、結果は効果なしとなってしまいました。

なぜかはよくわかりません。


効果があってもいいと思うのですが、

なぜかおなかは全く痛くならなかったです。



やはり煮出し時間は、ある程度守った方がいいのかもしれません。


センナ茶のベストな煮出しは?



私にとってのセンナ茶のベストな煮出しは、


センナ1包、麦茶1包、マテ茶1包


あるいは、


センナ1包、麦茶2包


を1500mlのお水で、15分間煮出す

私の場合は、

これで、ゆるいおなかの痛みがあり、

トイレの回数も1日1回くらいという、

理想的な効果を得られました。


身体が慣れていかないことを祈ります!


便秘に悩む皆さんも、

ぜひ自分の煮出し方法を見つけてみてください。

ただし、あくまでも「下剤」ですので、

飲み方には注意しましょう><