IMG_3689

カエル「オレ、真剣モードでやるわ」 


では、カエルに真剣にやってもらいましょう。


下記の手順通りにやれば、1時間程度で終わります。
  1. RaspberryPiにOSを入れる
  2. RaspberryPiを起動する
  3. インターネットに繋げる
  4. 監視カメラ用ツールをインストールする
  5. カメラを認識させる


RaspberryPiにOSを入れる


いきなり難しいですね。

お使いのPCはWindowsですか?Macですか?


1. まずはお使いのパソコンに
RaspberryPiに入れる「OS」をダウンロードしましょう。


https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/

ここからダウンロードできます。

「RASPBIAN JESSIE LITE」のzipをダウンロードしましょう。

ダウンロードが終わりましたら、解凍してください。


次はMicroSDに「OS」をインストールしましょう。


MicroSDへのOSのインストール作業は、お使いのパソコンによって違います。


★お使いのパソコンがWindowsの場合

https://osdn.jp/projects/sfnet_win32diskimager/


ここの、Win32DiskImager-0.9.5-install.exe

をダウンロードしてインストールしましょう。


その後、DiskImagerを起動します。

起動後は、

「Image File」・・・先ほどダウンロードしたOS用のファイル
「Device」・・・MicroSDのデバイス名(Explorerなどで確認してください)

を選択して、「Write」ボタンを押して書き込み開始します。

注意

挿入したMicroSDに既にデータが入っている場合は、

全て消去されます!

充分にご確認のうえで、操作をしてください。




★お使いのパソコンがMacとかの場合

MicroSDをお使いのパソコンに挿して、認識させましょう。

df -h

Filesystem Size Used Avail Capacity iused ifree %iused Mounted on /dev/disk1 697Gi 246Gi 452Gi 36% 64460152 118382950 35% / devfs 183Ki 183Ki 0Bi 100% 632 0 100% /dev map -hosts 0Bi 0Bi 0Bi 100% 0 0 100% /net map auto_home 0Bi 0Bi 0Bi 100% 0 0 100% /home
/dev/disk2s1 32Gi 0Bi 32Gi 0%

df -h のコマンドでどのデバイス名でマウントされた確認します。

多くの場合「/dev/disk2s1」などのデバイス名になります、

デバイス名を確認したら、

umount /dev/disk2s1

で、一度MicroSDをアンマウントします。

sudo dd bs=1m if=LCD35-150212.img of=/dev/rdisk2

続いて上記コマンドでMicroSDに対してOSを書き込みします。

「if=」の後ろに続くのは先ほどダウンロード&解凍したOSのイメージファイル名です。

絶対パスで指定してもOKですね。

「of=」に続くのは、書き込み先の指定です。

今回はMicroSDなので、現在挿さっているデバイスを直接指定しますが、

先ほど確認したデバイス名が、

「/dev/disk2s1」の場合は「of=/dev/rdisk2」としてください。

「disk」の前に「r」をつけて、

後ろの「s1」を取ります。

書き込みには数十分かかるかもしれません。

気長に待ちましょう。

ちなみに書き込みの指定を間違えると

どエライことになるので気をつけましょう。


書き込みが終わりましたら、MicroSDをパソコンから抜き、

RaspberryPiに差し込み、

いよいよ起動します。

RaspberryPiには、

  • ディスプレイ
  • キーボード
  • MicroSD
  • Wifi受信機
を繋いだうえで、

最後に、電源ケーブルを挿します。

電源ケーブルを挿すとすぐに起動が始まります。


それでは、次の記事では

RaspberryPiの起動から、インターネット接続までを書いてみたいと思います。


カエル「オレ、今日頑張ったわ、ふぅ。。。」

IMG_3687



まぁ、おまえにしてはよく頑張ったよね。

続きはまた次回。