-shared-img-thumb-CRI_IMG_6008_TP_V


便秘でお困りですか?

安心してください、みんな困ってます(笑

photo by 吉本


前回、私の便秘生活の始まりをおつたえしました。

ところで、なんで便秘はだめなんですか?

 

便秘がやばい理由

  1. おなかが張る
  2. 肝臓が弱る
  3. 肌が悪くなる
  4. 口臭がする
他の方がもっと詳しく書かれていますので、
詳細はそちらをご参考ください。

ただ、実体験から書かせて頂きますと、
一番良くないのは、ストレスがたまることです。

ストレスで不眠になる、
ストレスで髪が抜ける、
ストレスで太る、
ストレスで考えすぎてさらに「出ない」

どう考えても悪循環です。

そんな悪循環が2〜3年続き、なんとか改善しようと試したのが以下の方法です。


便秘薬


定番ですね。

ただこれ、人によって違いますが身体が慣れてきます。

最初は1錠で効いて、すっきり感があったのが、

だんだんと「ん〜、、、?」と効き目が薄くなっていき、

2錠、3錠と増やさないと効き目がなくなってきます。

私の場合、ほぼ効かなくなってしまいました。

健康診断でバリウム飲んだ時に渡される「下剤」、

通常の2錠ではもちろん効かず、人のをもらって6錠くらい飲んで、

やっとバリウムが出ました、さすがに焦ります。。。。

ただ、私は便秘薬は使ったほうがいいと思います。

まずは「便を出す」ことをしないと、正直身体に良くないです。

今の段階では自然に出ないだけで、出さなければいけないことには変わりありません。

自然に出るようになるまでは、「いつか飲まなくても出るように」と思いながら、

ありがたーく便秘薬に頼りましょう!(笑

体操&マッサージ


一時期、怪しい宗教にはまったかのような(笑)変な体操をしていました。

当然効き目があるかわかりませんのでオススメしませんが、

腸を意識して動かしていました。

おなかを伸ばしてみたり、曲げてみたり、おなかのストレッチですね。

あとは「マッサージ」これは意外に効果ありました。

おへその周りをクルクル手でさするだけです。

少しだけ力を入れてマッサージして、たまにおへそから下に向けて強めにさする、

これを便座に座り、背筋を伸ばしてやっていました。

私の腸の構造?肛門付近の構造が悪いのか、

おなかをピンっとまっすぐになるように背筋を伸ばさないと、なぜかいつも便が出ません。

このようなコツは人それぞれ違うと思いますので、

焦らず自分のマッサージを開発されるのがいいかと思います。

長くなったので、次回も続けて私が試した便秘解消法を書きたいと思います。